韓国人とヤリたくて風俗へ

見かけによらないからこそのプレイ

見かけによらない風俗嬢…というのが本音でしょうかね。彼女の外見はとてつもなく派手というか、ともすると攻撃性を感じさせる外見だったんです。ギャルっぽいのと、自分がギャルという存在に対してあまり免疫がないからそのように思ってしまう部分もあるとは思いますけど、でも彼女、そんな外見の割には実際にはかなり温厚だし愛想も良いし、性格だけで言えばアイドルみたいな風俗嬢でしたね(笑)だからそのギャップによってメロメロになってしまいました。何か文句でも言われるんじゃないかとか、丁寧に接しないといろいろと言われるのかなと思っていたのは完全に誤解で、こちらのために尽くしてくれるし、さらには事前にこちらにリクエストまで優しく聞いてくれたんですよ。「何かしてもらいたいことある?」って。あの時の穏やかな声と表情だけで、その日の勝利を確信したといっても過言ではないんですよ(笑)それくらい自分にとって彼女のあのギャップはたまらない魅力だったんです。

料金ではないんです、質です

風俗で遊ぶ時には誰もが料金のことは考えると思うんです。確かに料金は無視できるものではないともいますので、どうなるのかをかなり考えるだろうなとは思うんですよ。でも、そうはいってもやっぱりお金だけじゃないのもまた、事実だと思うんですよね。だってお金だけにこだわってしまったら、それこそあまり意味がないんじゃないのかなって気持ちもあるんですよ。安かろう悪かろうとは言いませんけど、風俗に限らずどんなサービスもお金は質を表している部分もありますので、お金に関しては、特に風俗ではそこまで重要氏はしていません。ポータルサイトを見てクーポンをゲットするくらいはしますけど、とにかく1円でも安い方が良い…みたいな考えはしないですね。普段の買い物であれば安い方が良いだろうって思いますけど、風俗に関しては安さだけを追求するのではなく、快感とか満足を追求するべきなんじゃないかなと思っていますので、値段よりも質重視かなと。