韓国人とヤリたくて風俗へ

あの巨乳には文句なしです

風俗で遊ぶ際、巨乳にしておけばとりあえず大正解が約束されているといっても決して過言ではないんじゃないかなと思いますけどね(笑)というのも、男で巨乳が嫌いって人はいないんじゃないですかね。いわば女性としての象徴そのものじゃないですか。だから風俗のように女の子を選べるシチュエーションの時くらいは巨乳を選びたい気持ちになるのは仕方ないことなんじゃないのかなって思いますね(笑)それに巨乳っていうのは何をされるとかじゃないんですよ。何をされるとかじゃなく、とりあえず揉んでいるだけでも満足出来る存在なんですよ(笑)だから風俗では顔よりもボディ、つまりは巨乳を指名するのは失敗しない方法と言っても良いんじゃないのかなって思いますね(笑)もちろん巨乳を示しなければならないってことではないんですけど、巨乳はロマンそのものだと思いますので、女の子を選べる風俗というシチュエーションであればやっぱり巨乳にしたいものです。

インスピレーションですかね

風俗で遊ぶ際、何よりも頼りにしているのは自分のインスピレーションです。あまり情報収集はしません。軽くポータルサイトを見るくらいですかね。何時間もホームページを見たり、女の子のブログの細かい所までチェックしたりということはしないんですよ。あくまでもインスピレーションです。自分のインスピレーションに頼る理由は、風俗で得られる快感こそ、いわば本能という理屈とはまた違ったものじゃないですか。これを楽しめるだけでもやっぱりありがたいものなんですよね。だからこそインスピレーションです。あれこれ細かいことを考えて女の子を選ぶよりは、まさに本能ですよ。それに、インスピレーションが働くということはそれだけ何かがあるって自分が深層心理で感じ取っている可能性もあるじゃないですか(笑)だから自分の直感を信じて、相手を選ぶ時には自分の直感、つまりはインスピレーションなんですけど、これが結構勝率が高かったりするんですよ(笑)